予約システム移行に伴い、
変更・キャンセル方法が異なります。
ご了承くださいませ。

2017年4月26日以前にご予約した方

ご予約を一旦キャンセルしていただき、
新規でのご予約をお願い致します。

2017年4月27日以後にご予約した方

EVENTS

John John Festival — 『Forget me not』リリース ワンマンツアー@NUPKA 帯広/北海道 2017

CAT: ,
このイベントは終了いたしました。

 

みなさま こんにちは○
今年もJohn John Festivalが帯広を訪れます。
そして今回はヌプカでライブをしてくださることになりました。

今回は 昨年11月にリリースされた4年半ぶりのフルアルバム『Forget me not』のワンマンツアーです。
すでにファンのたくさんいるJohn John Festivalの3人ですが
ちょっぴり彼らのユニットについてのご紹介。
https://www.johnjohnfestival.com



イギリスの隣の小さな島国、アイルランドの音楽を演奏する3人組。
フィドル(バイオリン)と歌、ギター、それにアイルランドの太鼓、バウロンを使って奏でる音楽はリズムやグルーヴ、
優しさ楽しさ、時に哀しさに満ちている。
空気に触れて、呼吸を合わせてどこまでも高く登りつめ、 呼吸を整えてどこまでも静かにささやく音楽。
弾く人も聴く人も幸せにする、それがJohn John Festival。 結成2010年1月。
1st album『John John Festival』同年10月リリース。
2012年3月に2nd album『歌とチューン』をリリース。
2013年8月にシンガー笹倉慎介とのコラボレーションアルバム『trek trek』をリリース。
毎年末には青山CAYでの自主企画「JJF感謝祭」を開催。
森のカフェフェスinニセコ、Life is beautiful、東京蚤の市、 森道市場といった野外フェスにも多数出演。
2014年1月にはオーストラリアツアーを成功させる。
2014年6月から2年間の活動休止期間を経て、2016年より活動を再開。
2016年10月、世界最高峰のケルト音楽祭Celtic Coloursに出演。
11月、笹倉慎介プロデュースによるニューアルバムをリリース。

Three piece Japanese Irish & pop music band
- fiddle/vocals, guitar/vocals, and bodhran -
John John Festival is fast becoming most popular Irish band in Japan.
With rhythm, melody and emotion in a genuine groove their mutual ease and happiness makes the audience happy too.
“Make us and them happy” is their musical mind set.

Their story began Jan 2010
and in the short time since they have released 4 albums,
joined 3 other musicians' albums, many festivals,
also overseas festivals too.
illawarra folk festival (Australia, 2014)
Celtic Colours(Canada 2016)
Since June 2014, took 2 years break, they come back in 2016.
The new CD is coming up soon, produced by Shinsuke Sasakura.



メンバーの中村大史さん(g)は幕別町出身でもあります。


中村大史 / Hirofumi Nakamura
幼少期よりピアノに親しみ、その後ギター(DADGAD)、ブズーキ、アコーディオン、マンドリンを演奏するマルチプレイヤーとなる。 tricolor, John John Festival, O’Jizo 等数々のアイルランド音楽バンドのメンバーとして活躍する一方、シンガーソングライターやバンドへのライブサポートや録音参加、アコーディオンデュオmomo椿* では芝居やコンテンポラリーダンスの音楽を担当する等、活動は多岐に渡る。 北海道生まれ、東京芸術大学音楽環境創造科卒。




Hirofumi Nakamura was born in Hokkaido. He started to play the piano when he is very young. Through his student days, he became a multi player, who can play the guitar, the bouzouki, the accordion and the mandolin. He is a member of several Irish music bands, like tricolor, John John Festival, O’Jizo and so on. He also plays as support musician for several singer song writers, bands and recordings. And besides, he is a member of an accordion duo, momo Tsubaki*, that compose and play music for drama and contemporary dance. He played at a musical “The cat that lived a million times” in 2013. He performed at Illawarra Folk Festival in Australia, and played at “WALLFLOWER” by Inbal Pinto & Avshalom Pollak Dance Company in 2014. B.A. in Musical Creativity and Environment in Tokyo University of the Arts.